大きくする 標準 小さくする
  • TOP
  • 部紹介

部紹介

大阪朝高ラグビー部の歩み


1972年
  東大阪市三ノ郷の旧校舎にて創部。初代監督に金鉉翼先生が就任。

 

1973年
  東大阪市菱江に校舎が移転。
  在日本朝鮮人学生近畿大会にラグビー競技が加わる。

 

1974年
  在日本朝鮮人学生西日本大会にラグビー競技が加わる。

 

1975年
  初の在日本朝鮮人学生中央大会(全国大会)が行われる。

 

1976年
  在日本朝鮮人学生中央大会で初優勝。


1977年
  2代目監督に李圭三先生が就任。


1982年
  3代目監督に康阪二先生が就任。


1985年
  4代目監督に金信男先生が就任。


1991年
  大阪府総体に限り朝鮮高校の参加が認められる。


1992年
  大阪府総体で初のベスト16に入る。


1993年
  大阪府総体で初のベスト8に入る。


1994年
  高体連が特例による全国大会への参加を認める。
  大阪府総体で初優勝を飾る。(当時はA、B、Cブロックに分けてのトーナメント方式。朝高はBブロックで優勝)
  初の全国大会大阪府予選でベスト8に入る。


1996年
  近畿大会への参加を認められる。
  初の新人大会(近畿大会予選)でベスト16に入る。


1997年
  新人大会で初の準決勝進出、ベスト4に入る。
  全国大会大阪府予選で初の準決勝進出、ベスト4に入る。


1998年
  新人大会で初の決勝進出、準優勝を飾る。
  全国大会大阪府予選で初の決勝進出、準優勝を飾る。


1999年
  新人大会で準優勝。
  大阪府総体で準優勝。
  全国大会大阪府予選で準優勝。


2000年
  新人大会で初優勝、近畿大会大阪府代表となる。(一回戦)
  高校日本代表候補に初めて大阪朝高の学生が選ばれる。(鄭智弘)

2001年
  大阪府総体で準優勝。

2002年
  新人大会で準優勝。

  大阪府総体で準優勝。

  全国大会府予選で準優勝。


2003年
  新人大会で優勝。

  近畿大会出場。(二回戦)
  大阪府総体で準優勝。
  全国大会大阪府予選で初優勝を飾る。初の全国大会出場。(二回戦)
  趙顕徳が大阪朝高生として初めて高校日本代表に選ばれる。
  3年生の李賢祉、文志憲が卒業後、U-19日本代表に選ばれる。


2004年
  新人大会で優勝。

  近畿大会出場。(一回戦)
  大阪府総体(現行方式)で準優勝。
  全国大会大阪府予選で優勝。2年連続2回目の全国大会出場。(三回戦、ベスト16)
  鄭貴弘が高校日本代表候補に選ばれる。


2005年
  新人大会で準優勝。
  全国大会大阪府予選で準優勝。


2006年
  新人大会で優勝。
  近畿大会で3位。近畿代表として初の全国選抜大会出場。(二回戦)
  全国大会大阪府予選で準優勝。


2007年
  5代目監督に呉英吉先生が就任。
  新人大会で準優勝。
  大阪府総体で3位。
  全国大会大阪府予選で優勝。3年ぶり3回目の全国大会出場。(三回戦、ベスト16)


2008年
  新人大会で優勝。
  近畿大会で3位。近畿代表として2年ぶり2回目の全国選抜大会出場。(一回戦)
  全国大会大阪府予選で準優勝。

 

2009年
  新人大会で準優勝。
  全国大会大阪府予選で優勝。2年ぶり4回目の全国大会出場。(初のBシード、3位入賞)
  呉泰誠、朴鐘圭が高校日本代表候補に選ばれる。
  権裕人(2年)がU-17日本代表に選ばれる。

 

2010年
  新人大会で優勝。
  近畿大会で3位。近畿代表として2年ぶり3回目の全国選抜大会出場。(準優勝)
  サニックスワールドラグビーユース交流大会に初出場。
  大阪府総体で優勝。(現行方式では初優勝、大阪No.1)
  私学7人制大会にて初優勝。
  全国大会大阪府予選で優勝。2年連続5回目の全国大会出場。(初のAシード、3位入賞)
  オール大阪(国体選手)に11名が選ばれる。主将
金勇輝
  金勇輝が高校日本代表に選ばれる。(大阪朝高から2人目)

2011年
  新人大会で優勝。
  近畿大会出場(一回戦)。
  サニックスワールドラグビーユース交流大会に出場。(2回目)
  全国大会大阪府予選第1地区で優勝。3年連続6回目の全国大会出場。(一回戦)

2012年
  新人大会で優勝。
  近畿大会出場。(一回戦)
  全国大会大阪府予選で優勝。4年連続7回目の全国大会出場。(Bシード、ベスト16)
  金寛泰、金勇輝(2010年度卒)がU-20日本代表に選ばれる。

 

2013年
  新人大会で優勝。
  近畿大会で3位。近畿代表として2大会ぶり4回目の全国選抜大会出場。(3位)
  大阪府総体で優勝。(現行方式で2回目、大阪No.1)
  全国大会大阪府予選で優勝。5年連続8回目の全国大会出場。(Bシード、ベスト8)
  朴成浩が高校日本代表に選ばれる。(大阪朝高から3人目)
  李智栄(2012年度卒)がU-20日本代表に選ばれる。

2014年
  新人大会で優勝。
  近畿大会で3位。近畿代表として2年連続5回目の全国選抜大会出場。(ベスト8)
  大阪府総体で3位。
  全国大会大阪府予選で優勝。6年連続9回目の全国大会出場。(Bシード、ベスト8)
  朴成浩(2013年度卒)がU-20日本代表に選ばれる。

2015年
  6代目監督に権晶秀先生が就任。
  新人大会で優勝。
  近畿大会で3位。近畿代表として3年連続6回目の全国選抜大会出場。(グループリーグ)
  全国大会大阪府予選で準優勝。
  安昌豪が高校日本代表に選ばれる。(大阪朝高から4人目)

2016年
  新人大会で準優勝。
  私学7人制大会にて優勝。(2回目)
  全国大会大阪府予選で準優勝。
  韓尊文(2014年度卒)が男子セブンス日本代表に初めて選ばれる。
  鄭貴弘(2004年度卒)、南宗成(2010年度卒)が韓国代表に初めて選ばれる。

2017年
  新人大会で優勝。
  近畿大会で3位。近畿代表として2年ぶり7回目の全国選抜大会出場。(グループリーグ)



△年表

201704141136_1.jpg